うっかりぷりんがつぶやいた2

専業主婦 日々を呟く. こちらに掲載してある画像・映像等は個人的に楽しむことを目的としており全ての著作権等は著作権元に帰属します。基本映画やドラマはネタバレになりますので お気を付け下さい
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TREE TREE TREE

TREEツアーも おわり
チャンミンご家族奈良公園とか?
ツアーが終わったら ほんと体を休めて欲しいです
ユノは ちょいと忙しいですね でもがんばって欲しいです




ちょっとだけ 振り返ってみようかな。。。なんて思います



今回のツアータイトル
   TREE

unnamed.png
そして
この本をモチーフに
 tree1.jpg
 ユノが たどたどしく物語りますね?


これは人と木のストーリー
男の子が求めるものを木が与える
 その繰り返し
一度は木の元を離れても
また戻ってくる
 木はもう彼に与えるものはなく
最後に切った切り株に腰掛けさせた
 木はそれだけでうれしかった


それだけで うれしかった

  無償の愛を解いている

そして きっと親と子の関係でもあるのかな

でも 今あえてこのツアーにおいて


 みんなの事が大好きだから歌う
 と言ったユノの言葉が いつまでもいつまでも
ずっと心に残っている

 今回のアルバムは そういったテーマが軸になっているせいか
本当に 深い意味があるように思える
もちろん パフォーマンス的なものははずせないが
 そのメッセージ性は 強烈だ。
 
視聴・歌詞こちら↓
TREE OF LIFE





葉も落ち 枯れたようになっても
根っこは しっかり大地に根を張り
そしてまた 花を咲かせ 実を結ぶ


そこにはいろんな要素が必要で
どれも欠かすことはできない



きっと そんな時が訪れても
根っこで繋がってる 私達でありたいと
そう願う



こんなものもあったので 貼り付け
 おおきな木の朗読









余談ですが
この本を読んでいる時期
この本も読んでいた
aoime.jpg

 これまた とっつきにくい表紙だったが
あおい目だという事だけで 仲間外れにされていた
あおい目のねこ
 でもある時 ネズミ一杯の国を見つけ
自分を仲間外れにしていた 黄色い目のこねこのもとに
戻ってきて そのありかを教える



このあおい目のねこの たくましさとともにやはり
無償の愛をといていた。
これは 特に日本人にありきな傾向で
子供たちに 知らせたいと 読んできたと思う





いろんな環境をも乗り越えて
たどり着くそこには
偏見や誤解や そんなものは
ちっぽけなものとなり

満ち足りた すがすがしい空気だけがあるんだ。






kaori5212031667_n.jpg 佳織さんありがとう





東方神起ありがとう。







ああ なんで ここら辺の本全部寄付しちゃったんだろ
と ちびっと後悔してるわ
スポンサーサイト
【 2014/06/24 (Tue) 】 韓国 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。