うっかりぷりんがつぶやいた2

専業主婦 日々を呟く. こちらに掲載してある画像・映像等は個人的に楽しむことを目的としており全ての著作権等は著作権元に帰属します。基本映画やドラマはネタバレになりますので お気を付け下さい
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

驚きだよ その2

昨日のジアちゃん報道には ど肝を抜きましたが

公式発表


■ ■  キーイーストの公式的立場「イ・ジア1997年結婚、2009年離婚、子どもはいない」 ■ ■


トップスターのソ・テジ(本名チョン・ヒョンチョル 39)との離婚訴訟が進行中であると報道され
衝撃与えた女優イ・ジア(本名キム・ジア 33)の公式的立場が発表されたた。

22日、イ・ジアの所属事務所キーイーストは「ソ・テジさんと慰謝料や財産分与などの
請求訴訟を行っている」
と明らかにした。所属事務所の公式的立場によると、
二人は93年に米国で初めての出会って以来、継続的に連絡を取り合いながら
愛を育んできたと伝えた。二人は、97年にアリゾナ州で結婚式をあげており、
結婚後はアトランタやアリゾナ州で生活してきた。

イ・ジア側は、二人の離婚理由について「一般人に比べて平凡でない相手方の職業と生活方式、
性格の差のため」と明らかにした。また「イ・ジアさんは今回の件で
たくさんの方を驚かせた点やあらかじめ率直に申し上げることができなかった部分に対して、
これまで大事にしてくださった所属事務所及びすべての知人たちに対して心より申し訳なく思っている」
と明らかにした。

キーイーストは
「最後に現在、事実確認がされないまま記事化された子供がいる
という報道は
全くの事実無根であり、また現在進行中の訴訟は離婚訴訟ではないことを
確かに申し上げます」
と強調した。

以下、公式的な立場の全文

今日午後に記事化されたイ・ジアさんの訴訟に関連して公式的な立場を申し上げます。

まずはイ・ジアさんを愛してくださったファンの皆さんと、多くの方々に心配をかけた点を
心よりお詫び申し上げます。
現在イ・ジアさんはソ・テジさんと慰謝料や財産分与などの請求訴訟を行っています。
その中でイ・ジアさんは、円満に関係を整理したいと望んでいたが、
お互いの意見の相違を狭めることができず、財産分割請求訴訟の消滅時効期間になり、
これ以上の協議が難しいと判断し、1月19日、訴訟を提起しました。

しかし、訴訟を提起しながらも、この事件の訴訟の提起で二人の意見の相違が
現在のように深刻な状態に発展し、事態が大きくなることを予想できなかったため、
現在大変困惑しており、事態の早期収拾に努力していると聞いています。

イ・ジアさんは1993年米国に留学して、同年米国現地で行われたロサンゼルス韓国人公演で
知人を通じて相手方(ソ・テジ)に初めて会いました。
以後、イ・ジアさんは米国に滞在し、相手方は芸能活動などで韓国に滞在し、
互いに手紙や電話で継続的に連絡を取り合いながら恋人関係に発展することになりました。
相手方は1996年初めに引退してから、米国に渡ってきて、
相手方が米国生活を始めるにあたりイ・ジアさんが言語およびその他の現地適応のための
手助けをしてあげて、より一層親しくなりました。
それからずっと恋人関係として心より愛しあっていたし、
続いて1997年に米国で二人だけの結婚式を挙げました。
結婚後はアトランタやアリゾナに移って生活しました。

2000年6月、相手方が韓国での活動のために韓国へ戻り、
イ・ジアさんはそれから米国で一人で過ごして、2006年に単独で離婚申込書を提出し、
2009年に離婚の効力が発効されました。
離婚の理由は一般人に比べて平凡でない相手方の職業と生活方式、性格の差のためでした。
イ・ジアさんは、2004年末、韓国に一時帰国した当時、
偶然某携帯電話広告に出演することになり、
撮影会場で現在キーイーストのヤン・グンファン代表に会い、芸能活動に興味を持つようになりました。
2005年初め、米国生活を終えて韓国に戻り、
その後ドラマ『太王四神記』の厳しいオーディションを経て、
ヒロイン役を獲得して正式デビューをすることになり、2007年キーイーストと専属契約を締結しました。

相手方が相当な有名人であったため、デビュー後プライベートなことを隠さなければならず、
すべての事実を率直に申し上げることができなかった部分について、
すべての方に申し訳なく思い、本人自らも一人では耐えることのできない時間を送りました。
幼い年齢だったが心から愛していたし、最後まで円満に別れたかったが、
そうでない姿をお見せして本当に申し訳ないです。

イ・ジアさんは今回の件でたくさんの方を驚かせた点や
あらかじめ率直に申し上げることができなかった部分に対して、
これまで大事にしてくださった所属事務所及びすべての知人たちに対して
心より申し訳なく思っています。
最後に現在、事実確認がされないまま記事化された子供がいるという報道は
全くの事実無根であり、また現在進行中の訴訟は離婚訴訟ではないことを確かに申し上げます。

事実が確認されなかった推測した報道の自制を媒体関係者方々に切にお願い致します。





は~~~
早急に事務所対応で 今回のこと明確になってきたけど
 ●離婚は成立してること
 ●子供はいない


だけどまあ アメリカで19歳で2人で結婚式を挙げて・・・ってどうよ?


やっぱり気になるのはウソン君だよね~


スポンサーサイト
【 2011/04/22 (Fri) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する